Home > スポンサー広告 > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』

Home > ヴィンテージ・ギター・クラブ > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』

ビンテージギタークラブ『あこぎな道』

martin ooo28ec 2002?

シリーズ「あこぎな道」   筆者:アコギストName「Kuroketu」(阿字ヶ浦クラブ支配人)
?プロローグ?  
時は2001年、新世紀に入って初めてのクリスマスを迎えようとしていました。筆者は家族のクリスマスプレゼントを求め楽器店を訪れておりました。おもちゃのアコーディオンかオカリナ、ミニギターなど子供向けの楽器をプレゼントしようと思っていたのでした。と、思わず目に留った1本のギター「Martin」のロゴ。ん?78,000円?マーチンのコピー????「これ本物ですか?」筆者は店員さんに訊いてしまいました。「本物です。新しいシリーズですよ」筆者は、クリスマスプレゼントの事をすっかり忘れ、このマーチンを持って帰ることになったのです。これが「あこぎな道」のはじまりでした。

【file?1】
《Martin ooo28EC (2002) serial No, 852453》
筆者の初マーチン。と言いたいところですが、正確には2ndです。お初は,先にあげましたDXMというモデルで友達のミュージシャンにあげてしまったのでした。しかもDXMは「あれはマーチンとは云わない」などという族(やから)もおり、初の「本物の」マーチンを手にしたのであります。皆さんご存知のクラプトンモデル。ここから「アコギな道」に入っていった方々は多いのではないでしょうか?2002年新品で入手。自分的には中学生以来のアコギマイブームの再来。中1の時3万円のCATSEYESを手に入れた時と同じ気持ちになり、手に入れた晩は一緒に寝ました。実を申せば、この時点では「アコギな道」に足を踏み入れたとはいえ「ビンテージ」という恐ろしい存在には気づいておりませんでした。筆者にとっては、すばらしい音色と眩しくも愛らしいお姿(曲線)をもった「本物の」マーチンであり、現在も大切に面倒を見ております。ネックは三角ですが、慣れると弾き易く、玄と玄の間隔が広めなので、特に指弾きに向いています。音色はいわゆる「鈴鳴り」という感じですが、まだまだビンテージには遠く、乾いた箱鳴りというより、しっとりした音です。
スポンサーサイト

Home > ヴィンテージ・ギター・クラブ > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。