Home > スポンサー広告 > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』?

Home > ヴィンテージ・ギター・クラブ > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』?

ビンテージギタークラブ『あこぎな道』?

オベーションアダマス?
【file?2】
《Ovation 1681BG Adamas? (1998) serial No14208》
めずらしいブルーグリーン(ラメ入り)のアダマス?です。1998年製。ビンテージの部類には入らないかもしれませんし、彫り物の入ったスーパーアダマスを所有さる御仁には「へっ」てな感じかもしれません。でも音はディープボウルで生鳴りがよい。ストロークでは少し固めのジャキジャキした音がします。ラインでは、オベーション特有のなんと云うか粘りのある「あの」音です。BAHOのLiveを観に行ったのが入手の直接の原因かと思われますが、カーボンファイバーボディーは湿気や温度に左右されないという利点があります。またルックスもかっこよく、自分に似合うかどうかは別として、たまらない魅力があります。テレビで以前キムタクが弾いているのを観て「カッケー」と思い、おじさんもキムタクやチャーになってしまうのであります。でも本当は根底にやはり中学生の頃の憧れがあったのです。むかし南こうせつが、青いSアダマスをもって唄っているのを観て「何じゃこのヒゲの生えたギターは!!穴が真ん中にない!」と思いつつも、まるで手品のようにラインで生ギターの音がする。「マイク取録りしてねーべよ!」しかもべらぼうに高価らしい。D45位するらしい。 (当時のD45は新車1台と同等でした) どこにも見当たらない、売ってないギターで、ショックでしたね。当時オベーションアダマスを日本に最初に持ち込んだのは、南こうせつさんだそうな。例のCATSEYESに、安いピックアップ(当時街のレコード屋さんの楽器コーナーのそれはあり1,500円位だったと思います。オカリナの隣に並んでいた。その頃の筆者にとって1,500円は高額であり、それを付ければギターの生音がすると信じて疑わなかった)をくっ付けても、どうしてもエレキの音になってしまい (当時はこれをラジカセにつないだもの) がっかりしながらも、なぜかベンチャーズのテケテケをやってしまうのは、筆者だけでしょうか。
スポンサーサイト

Home > ヴィンテージ・ギター・クラブ > ビンテージギタークラブ『あこぎな道』?

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。